トトロの森を愛する地元職人の住宅塗り替え専門店

代表親方代表親方 安齋一敏

父にとって私は3人目の子供、そして待望の男児でした。

私が生まれた元旦のお昼には大事な新年会の会合にも行かずに生まれるのを待ったほどです。 そして父の喜びようは母以上であったそう・・・。そんな父は負けず嫌いの努力家でした。30代の時サッシの会社を創業し、「地域で一番の会社になる」そんな夢がありました。   父の兄弟は塗装店、土木会社、材木店など皆所沢市内で建築の仕事をしていました。 私は叔父たちの家に遊びに行ってはいろいろな職人の道具や機械などを見ていました、自分も将来このような仕事に進みたいと自然に考えていました。   ところが、体が大きく頑強だった父がある日突然に、体の痛みを訴え、病に伏して1年、57歳で他界してしまいます。   多発性骨髄腫、いわゆる癌でした。「まさか父が・・」図2   その時私は胸のなかががらんどうになったようで涙さえ出ないような悲しみでした。 父は覚悟していたのでしょうか、病床でしみじみと母に「子供にめぐまれてよかったなあ」と思い出すように語っているのを耳にしました。 若い頃、心配や迷惑ばかりかけていた愚か者の私にはその言葉は意外でした。   一緒に仕事をした5年間は私にとっても大切な懐かしい思い出。「商売は正直ないい仕事をすることが一番の近道」父の言葉。頑固で厳しくよく怒られましたがそれも今では感謝の気持ちでいっぱいです。

ただ、その当時、仕事に対して目標なんて何も持っていなかった私は、父が亡くなった後、何の考えもなく父の後を継ぎました。初めは冷めた気持ちで仕事をしていたものです。

ところが、家の修理の依頼があり、あるお客様を訪問した時のことです。その方は私に住まいの不安を切々と訴えてこられました。頼りにして下さるお客様の相談に乗っていく中で、大きな気づきがありました。それは人は家に対して様々な思いや、夢を抱いているという事、それを思い知りました。 私は残りの人生、すべてをかけて地域のみなさんのお家の不安や心配を解決することに全力で取り組んでいこうと心に誓いました。   それからは従来のやり方と違う方法を考え、いっそのこと下請けから独立して、自分の納得のいく仕事、お客様の喜びの声を直接聞けるようにやっていこうと決心しました。

工務店などの下請け仕事から、じかにお客様の声が聞ける仕事をしたいと、一般の住宅、お客様への直販を始め、そして職人直営リフォーム店「一新助家」を開業したのです。

商圏3キロ以内での地域密着型のお店、地元のみなさんに幸せを届ける、父からの教え「嘘のない本当の職人仕事」をモットーに、お客様に喜びの声をいただけるよう、日々の精進を誓います。

いつも一生懸命、ただそれだけです。

代表親方 安齋一敏

お気軽にお問い合わせください!まずは心を決める前にご相談からどうぞ。 TEL 0120-305-370 TEL 04-2929-5539 FAX 04-2968-3349 E-mail:reform@-tasuke.co.jp 住所:埼玉県所沢市久米2248トコスチビル2F 営業時間:年中無休 朝7時~夜19時